長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Implant

インプラントと入れ歯の違い

歯を失ってしまった患者様へ

  • 歯を失った時

    むし歯や歯周病で抜歯をした際、その後の処置・対応について、患者様ご自身で決定をする必要が出てきます。
    当院ではそれぞれの治療方法のメリット・デメリットをしっかりとご説明した上で、どの選択をするのか、患者様と一緒に考えていきます。

  • 歯を失う要因についてはそれぞれ原因があります。

    • むし歯
      原因:細菌

      口の中に取り込まれた糖分を原料として細菌が酸を作り、その酸が歯を溶かす病気

    • 歯周病
      原因:細菌

      細菌の作り出す毒素が歯ぐきにしみこみ、炎症を起こさせ、歯ぐきと歯を支える骨を溶かす病気

    • 繰り返された治療
      原因:過去の治療

      適切な歯科治療がなされていない事により、歯の寿命が短くなったり、他の病気を誘発してしまう

    • 咬み合わせ
      原因:歯並び、修復治療

      歯の生える位置や、修復物の作り方などによって一部の歯に過剰な負担が集中し、そのために歯が壊れてしまう

抜けてしまった歯の治療について

方法 ブリッジ 入れ歯 インプラント
イメージ
ブリッジ
入れ歯
インプラント
治療方法
  • 抜けてしまった歯の両側を支台にして、歯を橋上にし、支台の歯にかぶせて固定する
  • 抜けてしまった歯の両側の歯に金属製のバネを引っ掛け固定する
  • 抜けてしまった部分にチタン製の土台を埋め込み、その上部に歯を作製
メリット
  • 取り外しの手間がかからない
  • 比較的容易に作製でき、噛み心地・違和感が少ないのが特徴
  • 一本だけ抜けてしまった歯の場合でも、作製が可能
  • 周りの歯を直接削ることが無いので、ブリッジよりも製作時点のダメージが少ない
  • 型を取るだけで作製ができるので安全
  • 取り外しができるので、容易に清掃が行える
  • 周りの歯を削ることも、フック(バネ)をかけることもないので、周囲の歯へのダメージがない
  • 噛み心地も本来の自分の歯と同様の感じを受け、しっかりと噛むことが可能
  • 見た目が自然に仕上がり治療したとわからない
デメリット
  • 支台にする歯を削らなければならず、健康な歯を削る必要がある
  • かぶせている歯がむし歯になるリスクや、負荷がかかって破折するリスクが高まる
  • 清掃性が悪いためモノ詰まりが起きやすく、虫歯や歯周病のリスクとなる
  • ブリッジやインプラントに比べると装着の違和感を感じる
  • 支えとなる歯を傷めやすく、健康だった歯を抜かなければならない原因となる場合がある
  • カンジダ菌(カビ)の発生により、口腔カンジダ症から誤嚥性肺炎を引き起こすリスクが高まる
  • 人工の歯根を埋め込むための外科処置が必要
  • 外科処置後は安定期間が必要で治療開始から最終の歯の装着までに長期間(3ヶ月〜6ヶ月以上)かかる
  • 定期的なメインテナンスをしないと歯周病と同じく歯の喪失リスクが高まる
注意点
  • 両脇に支台となる歯がないと治療不可能
  • 連続した欠損が多くなると、支えるために削る歯が多くなり、支台の歯の状況によっては治療不可能となる
  • 部分的な欠損に対する入れ歯は自分の歯と力のかかり方が違うため、痛みを伴う場合が多い
  • 完全な固定ができる訳ではないので周りの歯のダメージは避けられず、入れ歯の本数は多くなっていく
  • 全身の疾患状況によって手術が不可能な場合がある
  • 多数歯欠損の場合はインプラントと入れ歯を組み合わせて行う治療が有効

インプラントとは

  • インプラント

    むし歯や事故などで歯を失ったとしても、天然歯に近い見た目と噛み心地を取り戻す治療法。それがインプラントです。
    入れ歯と異なり、取り外す必要がありません。チタン製の人工インプラントと顎の骨が結合するため、自分の歯のようにしっかりと噛むことが可能です。また定期メインテナンスを続ければ、長期間使い続けることができます。

  • インプラントのメリット

    • 噛み合わせが安定する
    • 自分の歯と同じように噛むことができる
    • 入れ歯などと比較して異物感が少ない
    • 周りの歯を削ることが少ない(削らなければいけない場合も)

インプラントの注意点

  • 自由診療であるため保険がきかない
  • 外科処置が必要
  • お口の状態や体の状態によってはできない場合
  • 治療期間に長い為、余裕が必要
  • メンテナンスが必須

インプラント治療の目的:
残っている歯の保護

インプラント治療の目的とはなんでしょうか。
目的は、『歯がないところに歯を補う』だけでなくインプラントを用いることで『残っている歯を保護する』という目的もあります。
インプラントは外見だけでなく、口内環境も改善されます。
インプラント治療をすることで残っている歯に負担をかけないように考えていく必要があります。
またもちろんですが、インプラント治療を行うことで噛めるといった機能を回復させることも目的となります。
しっかり噛めること・違和感がないことで、日頃の食事の時間がより心から楽しめる時間になります。

当院のインプラント治療の流れ

※人によりは順番や流れが変わることがあります。

①カウンセリング

カウンセリング

当院では患者様に寄り添う治療を心がけています。 インプラントをご希望の患者様によって抱えているお口の問題や悩み、求める治療などは千差万別です。 歯並びや噛み合わせ、顎の骨、全身疾患などによって治療方法が大きく異なる為、この場で思いを伝えておくことは、歯科医師が治療プランをたてる上で重要な基盤となります。

②診断・検査(口腔内写真、レントゲン撮影、CT撮影、歯の型とり)

診断・検査

次に、インプラント治療における受診の可否を精密に検査致します。この検査をしっかりと行うことが、インプラント治療を成功させるための、鍵となります。インプラント治療は誰もが受けられる治療ではない特別な治療です。インプラント治療に支障が出るような歯周病や虫歯などがある場合には、インプラント治療成功の為に手術前に治療を行います。

<確認する項目(一部)>

  • 歯周病の有無・状態
  • 嚙み合わせの問題有無
  • 虫歯確認
  • 神経までの骨の深さ
  • 骨の厚みや幅が薄い方など

③治療の説明 費用と時間の説明

①~②における情報・状況を基に患者様の要望やお口の状況に適した手術方法や費用、そして所要日数などをお伝え致します。
また、インプラントを受けられない場合はその旨と理由もお伝え致します。

④インプラントオペ前の処置

②でも言及致しましたが、インプラント治療に支障が出るような歯周病や虫歯などがある場合には、インプラント治療成功の為に手術前に治療を行います。

⑤インプラントオペ

実際に、麻酔を打ってインプラント埋入を開始します。あご骨にインプラント体を埋め込み後、インプラントと骨をしっかりと結合させる為に、所要日数が必要となります。

⑥インプラントに仮歯を入れる

インプラントをあご骨に埋め込んだ後は、次に仮歯を入れます。
ただし、仮歯を入れるタイミングは「あご骨の質や量」、「インプラントの本数」、「治療部位」、「治療法」により異なります。

⑦インプラントの最終的な歯を入れる

インプラントが骨と結合したら、仮歯を外し、上部構造(人工歯)を装着します。上部構造もただ装着する訳ではなく、噛み合わせや見た目などに違和感がないかを確認していきます。

⑧インプラントの定期的なメンテナンス

インプラント治療終了後は消して「終わり」ではなく、スタートです。歯は日々、細菌や食実の際の圧力・摩擦・温度間差により抵抗力が消耗されています。インプラントは自身の歯よりも耐久性が弱い為、治療後はメンテナンスが必要となります。メンテナンスの習慣をつけて頂くことでインプラントだけでなく、他の健康な歯も守っていくことに繋がります。

  • 他の歯を守るためのインプラント

    院長の施術

    インプラントの最大の利点は、他の残っている歯を守れることです。当院では、世界的シェアと信頼度の高さからストローマン社製のインプラントを使用しています。日本では多くの歯科医院で使用しているインプラントなので、引っ越しなどで医院が変わったとしても対応できる可能性が高いです。インプラントの世界は日進月歩ですが、私自身、関西でインプラントの治療講習会で講師を務めており、新しい治療方法などの情報収集を続けています。身体に負担の少ない治療方法をご提供します。手術方法も1回法や2回法など、適切なケースをご提案いたします。

  • 治療を受ける前に

    インプラントが顎の骨に生着するには、数か月の時間が必要になります。この期間には個人差があり、顎の骨の状態や体の状態によって左右されます。
    このため、インプラントを埋め込んだ後から噛めるようになるまでのスケジュールは患者様によって異なってきます。
    また、治療効果を発揮するためには、以下が必要になります。

    • 自宅での正しいプラークコントロールの実践
    • 歯周病は細菌による感染症であることへの理解
    • 治療の一部としての歯科医院でのメインテナンスの継続
  • インプラントを長持ちさせるために

    インプラントは人工物のためむし歯にはなりません。とはいえ、メインテナンスは必要です。インプラントの最大の敵は歯周病。歯周病が進行すると、インプラントを埋め込んだ部位の骨を溶かしてしまい、状況によってはインプラント体を除去したり、再手術をしたりするリスクが伴います。インプラントは天然歯と違い神経がありません。そのため、問題が起こっていても、違和感を覚えにくく、知らず知らずのうちに症状が進行する恐れがあります。是非治療後も定期的にメインテナンスを行いましょう。インプラントの状態、炎症の有無、歯肉の状態、かみ合わせなどをチェックしていけば、より長期に渡ってインプラントを使えるようになります。

  • 料金案内

    CT撮影・ワックスアップ・治療計画説明 55,000円(税込)
    インプラント1本 360,000円(税込)

ブリッジとは

ブリッジ

失われた歯の隣り合っている歯を削り、そこを支えにして人工歯を入れる治療法。それがブリッジです。残っている歯を支えにするため、丈夫な歯が残っている必要があります。
基本的な治療法としては、図のように3本分ですが、症例によっては3本以上も対象となる場合も考えられます。隣同士の歯を支えにするので、天然歯のようにしっかりと噛めるのがメリットです。

  • レジン前装ブリッジ

    レジン前装ブリッジ
    審美性
    耐久性 ★★
    費用 保険適用

    特徴

    • 金属で製作した歯の表面にプラスチックを張り、仕上げる
    • プラスチックの部分は長期間使用すると変色する
    • 金属の部分には、汚れが付着しやすい
    • むし歯再発のリスクが高い
  • パラジウム合金ブリッジ

    パラジウム合金ブリッジ
    審美性
    耐久性 ★★
    費用 保険適用

    特徴

    • 銀色の特性から口の中が黒っぽく見える
    • 表面が腐食し溶け出して、体に取り込まれて金属アレルギーや全身への影響が心配される
    • 腐食した表面には汚れがつきやすく、むし歯や歯周病の原因となりやすい
  • メタルセラミックスブリッジ

    メタルセラミックスブリッジ
    審美性 ★★★★
    耐久性 ★★★★★
    費用 88,000円(税込)※1本あたり

    特徴

    • 一般的なセラミックの歯
    • 金属で作製したベースに、セラミックを築盛して作製する
    • セラミック部分は変色せず、審美性に優れている
    • 金属を使用しているので、強度は高いが、歯ぐきが黒くなる場合がある
  • ジルコニアセラミックスブリッジ

    ジルコニアセラミックスブリッジ
    審美性 ★★★★★
    耐久性 ★★★★★
    費用 132,000円(税込)※1本あたり

    特徴

    • 人工ダイヤモンドと同じジルコニアをベースに、セラミックを築盛して作製する
    • 従来の金属に匹敵する強度があるが、金属不使用なので身体に優しい
    • 非常に安定した強度と審美性、生体親和性を兼ね備えた高ランクの素材
  • ジルコニアブリッジ

    ジルコニアブリッジ
    審美性 ★★★
    耐久性 ★★★★★
    費用 66,000円(税込)※1本あたり

    特徴

    • 非常に強度があるジルコニア(セラミック)のブロックを削り出して作製
    • 一般のセラミックと比べ色が限られているため、周りの歯との色合いを合わせるのがむずかしい
    • 本数に限定がある
  • ゴールドブリッジ

    ゴールドブリッジ
    審美性 ★★★
    耐久性 ★★★★★
    費用 88,000円(税込)※1本あたり

    特徴

    • 優れた生体親和性(体に優しく、アレルギーが出にくい)が特徴
    • 腐食に強く、耐久性が高い
    • 適合が良い
    • 噛む力が強くかかる奥歯の使用に向いている
    • 天然歯とほぼ同じ硬さで、反対側の歯を傷つけない

入れ歯とは

  • 入れ歯とは

    入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。
    良い入れ歯の条件。それは装着時に「動かない」ことです。隙間があると動いてしまい、きちんと噛むことが難しくなります。そのため、定期的なメインテナンスが必要となります。長期間に渡る使用によって、入れ歯を支えている回りの歯が大きな影響を受けますし、加齢によって支えている歯茎の状況も変わっていきます。そのため、一度作った入れ歯が一生使えるとは言えません。入れ歯やそれを支える周囲の歯、歯茎と、一生涯に渡り、トータルチェックをします。

  • 入れ歯を使用していてお悩みはありませんか?

    「入れ歯が外れやすくなってきた」「装着すると装置が当たって痛い」「ちゃんと噛めている感じがしない」などの入れ歯の不満。
    使用中の入れ歯に悩んでいる方に向けて、当院では調整や再製作にも対応しています。他院で作った入れ歯でも問題ありません。実際に使っている入れ歯を分析し、問題点を把握したうえで、状況をお伝えいたします。

部分入れ歯

  • プラスチックと金属のクラスプ(バネ)

    プラスチックと金属のクラスプ(バネ)

    特徴

    • プラスチックで作製
    • 耐久性を持たせるために厚みが必要
    • 金属のバネで支えとなる歯にひっかけるので、金属が見える
    • 支えとなる歯を傷めやすく、健康な歯を抜かなければならない原因となる
    • 調整、補修はすぐに可能
    費用 保険適用
  • 金属のフレームと強化プラスチックの歯

    金属のフレームと強化プラスチックの歯

    特徴

    • チタンや金をはじめとした、貴金属を使用
    • 金属は耐久性が高いので、より薄く作ることが可能
    • 違和感も軽減され、金属の特徴である熱伝導性が高いため味覚を損なうことがなく、吸着性がよい
    • 強く壊れにくい
    • 調整、補修に時間を要する場合がある
    費用

    片側110,000円(税込)

    中間165,000円(税込)

    両側220,000円(税込)

  • ノンクラスプデンチャー

    ノンクラスプデンチャー

    特徴

    • 金属を使用せずに、柔軟性のある特殊素材で作製
    • 痛みが軽減して、咬合力が上がる
    • 金属のバネがないので前歯などで使用しても付けていることを気づかれにくい
    • 残っている歯を傷めずに安心して使用できる
    • 調整、補修に時間を要する場合がある
    費用

    片側110,000円(税込)

    中間165,000円(税込)

    両側220,000円(税込)

総入れ歯

  • 全てプラスチック

    総入れ歯

    特徴

    • プラスチックで作製
    • 耐久性を持たせるために厚みが必要
    • 違和感が強く、慣れるまではしゃべりにくく、食べにくいことがある
    • 割れたり折れたりしやすい
    • 調整、補修はすぐに可能
    費用 保険適用
  • 金属のフレームと強化プラスチック・セラミックの歯

    金属のフレームと強化プラスチック・セラミックの歯

    特徴

    • 金属は耐久性が高いので、より薄く作ることが可能
    • 違和感も軽減され、金属の特徴である熱伝導性が高いため味覚を損なうことがなく、吸着性がよい
    • 強く壊れにくい
    • 調整、補修に時間を要する場合がある
    費用 1床 330,000円(税込)
TOP