診療時間
9:00-12:30/14:00-19:00

長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院 院長の渡邉です。

本日は前回に引き続きインプラント治療について深掘りしたいとお思います。
理由としては、院内で多くの質問をいただくのですが、
ほとんどの方が『インプラントの名前は知っているがよく分からない・・』
とおっしゃるからです。

インプラント治療の目的とはなんでしょうか。
最大の目的は、『歯がないところに歯を補う』だけでなく
インプラントを用いることで『残っている歯を保護する』ということにあると考えます。

歯を失う原因は様々あると思いますが、インプラント治療をすることで
残っている歯に負担をかけないように考えていく必要があります。

またもちろんですが、インプラント治療を行うことで噛めるといった機能を回復させることも
目的となります。

長らくブリッジかインプラントにするか並列で考えられることもあったみたいですが、
少なくとも私が歯科医師になり勉強しだしてからは、考え方が違うようにも思います。

ブリッジ:残っている歯を使うものなのか、
インプラント:残っている歯の負担を減らすものなのか

 

こう書いていくとインプラントの方がいいじゃないかと思われますが、
そう単純な話ではありません。
私が教えられたのは、
『インプラント治療は歯科医師と患者さんに手錠をかけるような治療だ』との
ことです。

これの意味するところは、

将来に対してインプラントはお口の中に残ってしまうため
残っている歯が今後どうなるかも含めて考えないといけなかったり、

インプラント自体は人工物であるため、自分の歯よりももっと注意が必要で、
治療後にはメンテナンスが必要ということになります。

だからこそ先々のことについてもよく理解した上で主治医の先生と相談する必要があります。

ぜひお口の中のことについても色々と考えてみてくださいね。

TOP