診療時間
9:00-13:00/14:30-18:30

長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは。長与の渡辺歯科医院です。

 

今回は歯の被せ物を白くするためのについて話します。

『かぶせものは白い方が良いのでしょうか?』
と言うご質問をいただきました。

結論は『かぶせものは白いほうがいい』と思います。

そもそもなぜこのような質問が出てくるのでしょうか。
それは保険制度の事が関わってきます。

 

 

保険制度ができた数十年前は、お口の中に虫歯が多い人がたくさんいて、『虫歯の洪水』と呼ばれていた時代がありました。そのためには当時は安価であった銀歯を利用して保険診療を行おうとしました。
その余波で治療のかぶせ物の色が銀歯と言うイメージが定着したのです。
しかし時代の変遷とともに価値観も変化していき、本来の歯の色に沿ったものを選ぶ人が増えてきました。また虫歯の数も年々減ってきており、かつ最近では金属の高騰の問題が出てきております。
そのため銀歯ではなく白い歯の方がいいのではないか、と思われる人が増えてきたのだと思います。

 

 

先程のご質問にお答えのように、歯の色は白いほうがいいと思いますが、
もっと詳しく言うと
『顔に調和し、自然で、好印象がある色や形』の方がいいと思います。

明らかに見えている歯の形や色で、顔の印象も変わってくるでしょうし、素材の特性を生かせば歯の寿命を延ばすことも可能だと考えます。

 

 

それでは歯を白くするためにはどのような方法が良いのでしょうか。

今回は歯を削って丸ごと被せていくクラウンに関する治療についてのお話させていただきます。

レジン前装冠、CAD CAM冠、オールセラミッククラウン、ジルコニアクラウンなどがあります。

それぞれの特徴についてお話しします。

レジン前装冠は保険適用のかぶせものになります。金属の裏打ちに、見える表面を白いプラスチックの素材で覆った物です。

メリットは保険適用で、前歯から3番目ならこの素材で作ることができます。最低限の見た目を確保してくれます。
デメリットは表面のプラスチックが時間の経過とともに変色してきます。また裏は金属となっているため見えてしまうこともあります。

 

CAD CAM冠はこれも保険適用の被せ物になります。以前は前から4番目、5番目の歯のみに適応でしたが令和4年4月からはさらに保険の適応範囲が広がっています。(個々の事例については歯科医院にご相談ください)

メリットとしては、金属を使わないハイブリットレジン(プラスチックとセラミックの混ぜ物)であること

デメリットとしては
かみ合わせの力に弱く割れてしまうことがあります。

 

オールセラミックはセラミックのみで作られた被せ物です。セラミックとはコップやお皿に使われる陶器のような物です。

メリットはとても見た目が自然で天然歯に近い審美性を持っています。
かつ汚れもつきにくくお口の健康に適した材料です。
また白さも長持ちします。

デメリットは保険適用外であること、衝撃に弱くかけることもある。

 

ジルコニアクラウンは人工ダイヤモンドと呼ばれ、審美性と強度を兼ね備えた材料になります。

メリットとしては強度と審美性があり、奥歯でも安定して使用することができます。歯ぎしりや食いしばりがある人にはオススメです。汚れがつきにくくツルツルしています。

デメリットとしては保険適応外である。
オールセラミックと比較して審美性がやや劣る、調整がやや難しい、などがあります。

 

 

まとめですが、歯は白い方がいいですが、被せ物の種類にはいくつかあるので、個々の状況やリスクに応じて歯科医師と相談しながら選ぶことをお勧めします。

TOP