長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院です。
最近では、もともと銀歯だった歯をセラミックに変える患者さまも増えています。
銀歯が悪いとは言いません。
銀歯だけに限らず、患者さまご自身で保険適用の素材と保険が適用されない素材の特徴を理解し、判断して後悔が無いようにしてほしいと思っています。
そこで今回は、銀歯とセラミック素材の特徴についてお話しさせていただきます。

銀歯の特徴

メリット

  • 保険が適用される
    銀歯は保険適用が可能なため、保険適用外のものよりも低価格で治療ができます。
  • 素材が丈夫
    銀歯で使用される素材は金銀パラジウム合金という丈夫な素材なので、割れたり欠けたりする可能性が低いです。ただし、年数を重ねると経年劣化により変形するため定期的なメインテナンスが必要です。

デメリット

  • 金属アレルギーを発症する可能性がある
    使用している素材が金属であるため、銀歯の金属イオンが溶け出すと体内へだ液と一緒に飲み込んでしまいアレルギー化する場合があります。今まで症状がなくても発症する可能性があるので注意が必要です。
  • 銀歯の下に虫歯ができやすい
    銀歯は金属のため噛む力によって徐々に変形します。歯と銀歯の間に隙間ができてしまい汚れが溜まることで虫歯になりやすくなってしまうこともあります。
  • 見た目のマイナスイメージ
    銀歯治療をすると笑った時に目立ってしまうことがあります。そのように感じている方も多いでしょう。天然歯と色が違うため奥歯にあったとしても目立ってしまいます。銀歯治療では避けられない部分です。

セラミックの特徴

メリット

  • 審美性に優れている
    セラミック素材で治療を行うと、天然歯同様の透明感や白さを再現することができます。隣の歯の色と調整することも可能です。
  • 経年劣化や変色が少ない
    経年劣化や変色がしないわけではありません。しかし、表面がツルツルしていて汚れがつきにくい素材ですので、ご自宅でのケアとメインテナンスをしっかり行うことで長期間使用することができます。
  •  金属アレルギーの心配がない
    銀歯とは違い、金属を使用していないためアレルギーの心配がありません。セラミック自体が人体に優しい素材となっています。
  • 虫歯や歯周病の予防効果がある
    素材表面が汚れの付きにくい素材であることに加え、治療した歯とセラミックの間に隙間ができにくいので、汚れが溜まる場所をほとんどありません。そのため、虫歯や歯周病の予防へと繋がります。

デメリット

保険適用外の素材だとしてもメリットばかりではありません。

  • 衝撃の弱い
    陶器素材であるがゆえ、強い衝撃を受けてしまうと割れてしまったり、欠けてしまったりすることがあります。

 

銀歯とセラミック、それぞれの素材の特徴についてお話しさせていただきましたが、どちらもメリット・デメリットがあります。

それをきちんと理解した上で、後悔の無い治療を選択してください。

上記の内容以外にも、銀歯やセラミックの特徴についてもっと知りたい方、その他にも詳しいことや気になることがございましたら、当院へお気軽にお問い合わせください。

TOP