長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院です。
昨日は、歯科治療で使用する素材の中でも、銀歯とセラミックの特徴についてお話しさせていただきました。
今回は、ゴールドという素材についてお話しをさせていただきます。

ゴールドの素材を知っていますか?

ゴールドといっても、全てが金100%で作られているわけではありません。金100%で作られたものは素材として柔らかすぎるため、歯に被せるものとしては合いません。

そのため、金以外にも、銀、銅、プラチナなど複数のものを合わせて作られている「金合金」ということになります。

ゴールドの特徴

ゴールドという素材は、前回ご紹介したセラミックのような自然な色ではありません。

保険適用の銀歯とも違い、錆びにくく、金属イオンが溶け出すこともほとんどありませんので、金属アレルギーの心配が少ないです。
また、強度が高く、噛む力の強い方や歯ぎしりをしている方にも使用することが可能で、銀歯のように硬すぎる素材ではないため、削った後の歯との適合が良く、治療後も汚れが溜まりにくいという特徴があります。

メリット

  • 金属ではあるものの、金属イオンが溶け出しにくいため、金属アレルギーの心配が少ない。銀歯に比べた時には、治療箇所が目立ちにくい
  • 他の金属と比べると腐食がしにくいため、治療した歯との間に隙間ができにくく、外れにくい
  • 欠けたり、割れたりする心配もなく、長持ちする素材である
  • 使用している金属の強度が高く、強い力がかかりやすい奥歯にも使うことができる
  • 治療した歯にピッタリとはまり込むため、隙間ができにくく、再び虫歯になるリスクが低いゴールドは薄く延ばしたとしても割れにくいため、治療箇所を削る範囲が少なくすることができる
  • 天然歯とほぼ同じ硬さなので、反対側の歯を傷つけない

デメリット

  • 金属である以上、天然歯との色合いギャップが生まれてしまい、審美性には欠ける

ゴールドはこんな方におススメ

  • 身体にやさしい素材であるため、健康に気をつけられている方
  • 噛む力が強い方
  • 歯ぎしりや食いしばりをする方

上記のように、ゴールドという素材はメリットが多く、審美性のほかにデメリットが少ない素材です。
金歯は、虫歯の詰め物や被せ物以外にも歯科治療で使用されていることがあります。

それは、金属床義歯と呼ばれる大部分を金属で作製した入れ歯のことです。
通常の入れ歯は、プラスチック素材で作られているため、保険が適用され、修理が簡単というメリットがあります。

しかし、プラスチック素材で作製するため強度を高めるための厚みが必要です。そのため、装着時の違和感がでてしまい、合わないことが多々あります。
金属床義歯は、薄い素材で作製することができるため違和感が少なく、熱伝導性が高く、これまでのように食事を楽しむことができます。

上記の内容以外にも、ゴールドや金属で作る入れ歯の特徴についてもっと知りたい方、その他にも詳しいことや気になることがございましたら、当院へお気軽にお問い合わせください。

TOP