長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院です。
今回は当院で導入している「iTero」という口腔内スキャナーについてお話させていただきます。
みなさんは「口腔内スキャナー」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。おそらく多くの方が聞き馴染みがない言葉だと思いますので、分かりやすくご説明いたします。

口腔内スキャナーとは?

お口の中をスキャンできる専用の3D光学スキャナーのことをいいます。
通常、歯型を取る作業では、固まる粘土のようなものをお口の中で数分噛んだままにして、それを石膏に置き換えて歯の模型を作っています。
しかし、「iTero」を使った歯型の印象方法がまるで違います。
お口の中を小型カメラでスキャンするため、従来の歯型を取ることで嘔吐反射が起きたり、苦しい思いしたりすることがなくなります。
スキャンしたものはデータ化されていますので、スキャン後すぐに歯型を立体的に見ることができます。画面操作もタッチパネルで行うことができますので、気になるところを拡大したり、お口の内側から見たりすることが可能です。

口腔内スキャナーはどんな時に使うの?

歯型の印象を例にとってご説明しましたが、使用する代表的な治療としてマウスピース矯正があります。
当院では、インビザラインというマウスピース型の矯正治療を行っています。
これは、歯並びを矯正する方法で、マウスピースは患者さまの歯型に合わせて作られており、治療段階に合わせて形が異なるマウスピースと交換しながら、少しずつ歯を動かしていきます。

マウスピース矯正で「iTero」を使うメリット

息苦しい型取りが不要

シリコンや旧式のスキャナーによる従来の型取りでは、時間がかかったり不快感を覚えたりなど、患者様に負担がかかるものでした。当院では3D光学スキャナー「iTero」を導入し、患者様にかかる負担が抑えながら、短時間のうちに高精度な型取りを実現いたします。

スキャン速度のスピード

iTeroでは、長くても3分程の短い時間で、お口の中全体をスキャンすることができます。当院で導入しているものは従来の機器よりもスキャンが高速かつ正確です。

矯正完了時のシミュレーション

シリコンを用いる従来の型取りと比較した場合、より精度の高い歯型データが取れます。スキャンしたデータは、コンピュータ上で3D画像として表示され、治療開始から完了までの経過を歯並びがどのように変化するかのシミュレーションも可能です。

正確性の高いマウスピースの作製

型取りはデジタルスキャンで行うため、手作業で行うよりも再現性の高いマウスピースの設計が可能です。お口にフィットするため、装着時の違和感が大幅に軽減され、長時間の装着でもストレスにならず、治療の効率もアップします。

上記の内容以外にも矯正治療について詳しいことや気になることがございましたら、当院へお気軽にお問い合わせください。

 

TOP