長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは ⾧与町の歯医者 渡辺歯科医院です。

これまで、歯を失う原因であるむし歯や歯周病などについてお話してきました。今月からは失ってしまった歯の部分の治療方法の一つとして考えられる「インプラント」についてお話していきます。

歯を失うキッカケ

歯を失うキッカケというのはむし歯や歯周病だけではありません。交通事故や何かにぶつかった時などの外傷などがキッカケで歯を失ってしまうことがあります。
さて、ここで質問です。皆さんなら歯が失ってしまった部分を歯が抜けたままの状態で放置しますか?それとも、食事がキチンとできるように治療をしますか?「一本ぐらい歯が抜けても問題ない」と思う方も少なくありません。

しかし、一本歯を失うだけで、咬み合わせにズレが生じ、様々なトラブルが起きてしまいます。

歯を失ったことで起きるトラブル

  •  抜けた歯の隣の歯が移動してしまう
    歯を失ってできたスペースに左右の歯が移動してしまい、歯ならびが乱れることによ り咬み合わせが合わなくなります。放置期間が⾧すぎると、失った歯の治療だけではな く、移動してしまった歯の治療まで必要になります。
  • 噛む力が低下する
    歯ならびの乱れ、咬み合わせが合わないことで噛む力も低下してしまいます。嚙む力が 低下してしまうと、無意識のうちに硬いものを避ける食生活になり、大きく偏りがでて きてしまい、全身の健康へ影響します。
  •  本来咬み合う歯が伸びる
    例えば、下の歯を失うと失った上の歯が、できたスペースに向かって下へ伸びていきま す。歯が伸びるの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、咬み合う歯がなければ、 上の歯を失った場合も同じで、歯が上へと伸びて行きます。伸びてしまった歯を治療す ることは難しく、こうなる前の早めの治療がお勧めします。
  • 歯の骨が痩せる
    歯を支えている骨は刺激を受けずにいると瘦せ細っていきます。骨が瘦せ細りすぎて しまうと輪郭や顔に変化がでる恐れがあります。ほかにも、インプラント治療を希望し ていても、骨がなければ治療自体できないこともあります。

インプラント治療という選択肢

人が歯を失ってしまうケースは奥歯からなくなっていくことが多く、むし歯や歯周病が進行することで失ってしまうリスクが高くなります。こういったお口の問題を放置してしまうことで、全身の健康には悪影響を及ぼしてしまいます。健康に過ごすためにも、失った部分の歯の治療は必要です。
“インプラント”という治療方法は、一本から複数本まで対応できる優れた治療方法です。

インプラントってどうなの?

インプラントという言葉は聞いたことはあるけど…という方は多いと思いますが、その安全性は非常に高いものだということも知っていただきたいです。
実は、インプラント治療は、近年できた治療法ではありません。現在、使用されているインプラントは約 50 年前につくられ、これまで⾧年の改良を重ねてきた治療方法です。
今では世界中で使われるようになり、その使用される材料は人間の生体と親和性の高いチタンという金属で造られています。チタンという金属は、⾧年の基礎的・臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、あごの骨と⾧期にわたり結合することが確認されているとても安全性の高い治療なのです。

インプラント治療のことや不安に思うことについて気になることがございましたら、当院へお気軽にお問い合わせください。

TOP