長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院です。

前回の記事で、定期的なメインテナンスがお口の健康を守っていく上で大切であるということについてお話ししました。

むし歯や歯周病の治療の場合、‟痛み”感じて、それが治療によって解消されることで良くなったと実感できます。メインテナンスの場合、そういった治療に比べて“痛み”が伴うわけではありませんので、歯医者に行く必要性が感じにくいかもしれません。しかし、悪くなる前から予防していくことが健康に影響します。この記事を読んで、メインテナンスに行くことがどれだけ大切なのかを知っていただきと思います。

日本人の残存歯数

高齢になると残っている自分の歯の数は少なくなって、部分入れ歯や総入れ歯を使っている。歯の喪失は、年齢が高くなるほど進み、高齢者では歯のない人が多くなります。

皆さん、日本の80歳時の平均残存歯数(残っている歯の本数)をご存じでしょうか?

答えは…8本です。

歯は親知らずを除けば28本あります。日本人は高齢になるとどんどん歯が抜けるというイメージがありますが、何歳ぐらいのタイミングで歯を失っていくのでしょうか。45~55歳ぐらいまでの間に2~3本失ってからは加速度的に歯を失っていきます。その後10年の間に5本程度の歯を失い、70歳では15本程度となってしまいます。そして80歳の時には8本となってしまいます。これはあくまでも平均的な数字なので、場合によってはこれ以上に歯を失っていることがあります。

メインテナンスを受けている割合

定期的なメインテナンスを受けている国の代表国として、よくスウェーデンやアメリカなどが挙げられますが、その割合はなんと約90%以上!そのため、80歳になったときでも残っている歯の本数が約20本あると言われています。

それに比べて日本はどうでしょうか?日本のメインテナンス受診率はなんと‟6%”しかありません…

定期的なメインテナンスを受診しているかどうかによって、約12本の差がひらいてしまうのです。

 

メインテナンスによる効果

メインテナンスを受けることでの効果はお口の中をキレイにすることだけではありません。

  • 高齢になっても残存歯数が多い
  • むし歯の早期発見で治療費が多くかからない
  • 口腔内環境も整う
  • 全身疾患への影響を未然に防ぐ

最初の数本抜けた時点では、まだ歯を失うことの重要性を実感することが難しいかもしれませんが、さらに歯を失っていくと「入れ歯」か「インプラント」しか治療の選択肢がなくなってしまいます。その時、はじめて「しまった!」と思うのです。その分治療にかかる時間はもちろんのこと、治療費までも多くかかってしまうことになってしまいます。

だからこそ、早めに悪いところの治療を行い、今後は悪くなってしまう前から定期的にメインテナンスを受けていくことが重要なんです!

 

メインテナンスや全身疾患との関係性、その他にも詳しいことや気になることがございましたら、当院へお気軽にお問い合わせください。

TOP