長崎県西彼杵郡長与町の歯医者なら渡辺歯科医院

Topics

こんにちは 長与町の歯医者 渡辺歯科医院です。

前回、むし歯の原因が何なのかを知ることができたと思います。

2回目の今日は、ご自身の「むし歯危険度チェック」と「意外と知らない磨き残しの箇所」についてお話していきます。

これまで何度もむし歯の治療を繰り返している方や一度もむし歯になったことのない方、むし歯の治療は終わったからもう大丈夫と過信している方、すべての方にご一読頂きたい内容です。

むし歯の治療を繰り返している方は特に、ご自身がむし歯になりやすいかどうかをご存知でしょうか?

「えっ!?人によってむし歯になりやすいかどうかは違うの?」と思った方もいるでしょう。結論から言えば、むし歯になりやすいかどうかは人によって異なります。

むし歯になりやすいかどうかは誰からか指摘されるわけではありませんので、多くの方がそのリスクを知りません。

まずは、ご自身のむし歯危険度チェックをしてみましょう!

むし歯危険度チェックリスト

⬜︎毎食後の歯みがきをしない

⬜︎歯みがきの時間が極端に少ない

⬜︎甘いものをよく食べる

⬜︎1日に何度も食事をする

⬜︎お湯や冷たいものが歯にしみる

⬜︎口臭がすると他人に言われたことがある

⬜︎口で呼吸する

⬜︎口が乾きやすい

⬜︎歯並びが悪い

⬜︎過去にむし歯になったことがある

⬜︎お口の中に銀歯がある

⬜︎歯医者には痛くなってから通う

「結構当てはまっている…」と思った方も多いのではないでしょうか?

上記の中で、1つでも当てはまっている方に必ずしもむし歯があるとは言いませんが、むし歯の危険度が高いのは間違いありません。

まずは、歯科医院での検査から始めることをおススメします。

むし歯危険度チェックリストにもあった「歯みがき」についてですが、これはご自身でできるむし歯予防の一つです。

皆さんも一度は、歯医者で歯を赤く染めだして汚れがどれくらい付着しているかという検査をした経験があると思います。

検査の結果、「赤く染まっている」=「磨けていない」ということですので、もし、赤く染まった部分が多ければお口の中は汚れているということになります。

これを改めてやってみると、「自分は歯みがきに自信がある」という方でも磨けていないことが多々あります。しかし、ご自身に合ったブラッシング方法を知り、毎日意識するだけで効果的に汚れを落とすことができます。

意外と知らない磨き残しの箇所

歯と歯の間や奥歯のかみ合わせなどの汚れが残りやすいところ、歯の根の部分、つめたものの周りなど、歯磨きしにくいところは汚れが残りやすく、むし歯になりやすいです。
毎日の歯磨きでも特に気をつけましょう。

磨き残しが原因でむし歯菌の活動が活発になり、むし歯は進行します。歯を磨く時には、ただ磨くのではなく、ご自身に合ったブラッシング方法で行うことがむし歯予防に効果的です。

ぜひ、一度受診してあなたに合ったブラッシング方法を探してみませんか?

次回は、むし歯になった歯を放置してしまうとどういう風になってしまうのかという「むし歯の進行と症状」についてお話します。

TOP